fc2ブログ

国内外の旅行、鉄道、城、遊廓、廃墟、戦跡、ダイビング関係、他の情報ブログです。嫌がらせ禁止w なお、記事の転載等は厳禁、でないので引用明示の上、自由にどうぞ。また、限定記事を読みたい方は倶楽部HP内を探してください。We offer diving information and travel information in Japan. Moreover, we do individual help for foreigners free of charge.

プロフィール

世界潜水旅行倶楽部

Author:世界潜水旅行倶楽部
世界潜水旅行倶楽部が、日本や世界の旅行先を紹介します。なお、画像は原則としてサムネイル設定でクリックすると大きくなります。
※おことわり
・本ブログの記事や画像の転載、二次使用、流用などは営利利用以外は基本的には自由にどうぞ(引用元がココと明示願います。また、連絡を事後にでもしてくれるとうれしいです)。
・本ブログに対するいちゃもん・いやがらせ・削除要請の類は社名も含め、全情報を公表しますのでご承知おきください。
・本ブログの内容は、個人的意見等であり(当然ながらステマの類は皆無、FC2の仕様以外のアフィリエイトリンクなし、)本倶楽部以外の所属・関係機関等の公的見解ではありません。また、内容の正確性については細心の注意をしていますが、完全な正確性を保証するものではありません(なお、無断転用対策として意図的に誤字を放置している場合あり)。
・【警告】検索エンジンでの検索結果反映を妨害する行為は偽計業務妨害罪に該当するものですのでおやめください(当該行為に及んでいる業者さんのIP等は把握しています)。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

0 コメント

ホテルエアウェイ@那覇、セントラルリゾート宮古島(2023年12月宮古1泊弾丸ダイビングツアー旅程編02)

ホテルエアウェイ@那覇、セントラルリゾート宮古島(2023年12月宮古1泊弾丸ダイビングツアー旅程編02)
ということで、旅行割でインフレ気味だった沖縄の宿泊料金もようやく落ち着きを取り戻した感のあるところで、ようやくより取り見取りになってきました。
で、今回のチョイスは、那覇前泊はホテルエアウェイ@那覇。宮古島はセントラルリゾート宮古島、です。
ホテルエアウェイ@那覇ですが、
20231216_001108.jpg
安ビジホにありがちなホテルエントランス、

20231216_002154.jpg
ベッドは固く、部屋も狭く、

20231216_001202.jpg
旅行業法改正を勘違いした感のある、上から目線の貼り紙なんかもありますが、実はスタッフは男女問わずいい感じです(複数回泊ると、スカなスタッフに出くわすのですが、ここは今のところないです)。
それに加え、ここは那覇発最終便・那覇発始発便利用にアドバンテージがあります。
具体的には、
・24時間フロントオープン(スタッフが館内にいる)
・国道58号空港方向車線沿い
という点です。
前者は、安ビジネスホテルですと、経費節減で12時以降のチェックインが出来ないということがありますが、ここは問題なし。特に那覇着最終便は遅れがちなので、重要です。
後者は、タクシーで空港に移動する場合、流しのタクシーが拾いやすい、料金的・距離的に無駄がない、というメリットがあります。

一方、宮古島のセントラルリゾート宮古島。
前身が宮古セントラルホテル、という老舗で、いまはオペレーターが変わって形式的にはシステマチックになってます。

難点はフロントクローズ時間がある点(深夜・昼)ですが、それ以外は客室ドアの開閉がスーパーホテルのような暗証番号入力方式、部屋も、水回りに限界があるものの、そこそこいい感じで改装、無料空港送迎あり、朝軽食が6時30分からと早い、そして盛り場の中にあるので夜便利、と、オンザビーチや眺めにこだわりなければ、好スペック。
20231216_125842.jpg
古い躯体を派手に塗り込んだ感のあるエントランス。

20231216_140452.jpg

20231216_140504.jpg
やすい部屋は3種類バリエーションがありますが、これはスーパーホテルをパクった感のある2段ベッドのある部屋。

20231217_064500.jpg
朝食はこんな感じ。おにぎりの入ったプラ容器をもらって、そいつに、置いてある小鉢レベルのものを数個入れるイメージ。公式ホームページではプロの撮影によるもので盛り過ぎです。風俗店でいうところのパネマジ度80%、写真詐欺で、これはいただけません。
新興のチェーンホテルの一派で、えてしてそういったところはネット重視のため、サイトも映え狙いの作りになっているので、公式サイトの画像は全て「イメージ」と考えておくと、ダメージが小さいです。
PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新記事

南風原陸軍病院壕・南風原文化センター@南風原町、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編06完)
海軍司令部壕(海軍壕公園)@豊見城、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編05)
豊見城城址公園(豊見城グスク、陸軍24師団第2野戦病院壕)@豊見城、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編04)
寿山(カテーラムイ)海軍壕跡@小禄、那覇、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編03)
第32軍司令部壕@首里、那覇(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編02)
シュガーローフ(慶良間チージ)@おもろまち、那覇(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編01)
ANAのB787(78P)で石垣から羽田へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編06)
ANAのB737-800プレミアムクラスで那覇から石垣へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編05)
The Green Line(TGL)バスとHello IEYASU(ハロー家康)バス(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編04)
沖縄路線バス周遊パスで、コザ・豊見城・南風原へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編03)
ゆいレールのヒドい混雑の原因(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編02)
ANA・B787(78M)で羽田から那覇へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編01)
マンタ、コブシメ交接、カメ、チンアナゴ@石垣島(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC ダイビング編)
お品書き(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC00)
笠間遊廓跡とその周辺(茨城・笠間遊郭散歩4)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村