fc2ブログ

国内外の旅行、鉄道、城、遊廓、廃墟、戦跡、ダイビング関係、他の情報ブログです。嫌がらせ禁止w なお、記事の転載等は厳禁、でないので引用明示の上、自由にどうぞ。また、限定記事を読みたい方は倶楽部HP内を探してください。We offer diving information and travel information in Japan. Moreover, we do individual help for foreigners free of charge.

プロフィール

世界潜水旅行倶楽部

Author:世界潜水旅行倶楽部
世界潜水旅行倶楽部が、日本や世界の旅行先を紹介します。なお、画像は原則としてサムネイル設定でクリックすると大きくなります。
※おことわり
・本ブログの記事や画像の転載、二次使用、流用などは営利利用以外は基本的には自由にどうぞ(引用元がココと明示願います。また、連絡を事後にでもしてくれるとうれしいです)。
・本ブログに対するいちゃもん・いやがらせ・削除要請の類は社名も含め、全情報を公表しますのでご承知おきください。
・本ブログの内容は、個人的意見等であり(当然ながらステマの類は皆無、FC2の仕様以外のアフィリエイトリンクなし、)本倶楽部以外の所属・関係機関等の公的見解ではありません。また、内容の正確性については細心の注意をしていますが、完全な正確性を保証するものではありません(なお、無断転用対策として意図的に誤字を放置している場合あり)。
・【警告】検索エンジンでの検索結果反映を妨害する行為は偽計業務妨害罪に該当するものですのでおやめください(当該行為に及んでいる業者さんのIP等は把握しています)。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

0 コメント

食人族 Cannibal Holocaust @ヒューマントラストシネマ渋谷(秀作)/23年23本目(2023GW後映画の日2)23年23本目

食人族 Cannibal Holocaust @ヒューマントラストシネマ渋谷(秀作)/23年23本目(2023GW後映画の日2)23年23本目
今年23本目は、夜見るにふさわしい、食人族 Cannibal Holocaust 。
昨年死去したルッジェロ・デオダート監督の代表作とされるもので、40年前に日本初公開のリマスターです。
この監督については、守備範囲が広いことで知られ、日本マーケット向きに作られた、病気に侵された、生い立ち不幸な水泳選手の少年と少女の恋愛ものの「フィーリングラブ」を撮ったあとにこれかよ、、てな話があったりします。

で、これ、食人族というインパクトのある邦題に引っ張られがちですが、なかなか奥が深い内容ですし、その製作手法も非常に巧みで、その手法は、素材も含め「カメラを止めるな」がパクっている感が強いところです。
内容は、短い尺でてんこ盛り、で「食人」というのは話の一部に過ぎないところで、実は、テレビメディア批判、戦争・冷戦批判、現代文明批判的なのがテーマで、全体として二項対立的な構成になってます。
緑色革命、タワーリングインフェルノ、川口浩探検隊といったものも(批判的)モチーフになっていたのでしょう。
まあ、ふざけた木族、沼族っていう現地人の部族のネーミングからして。。。
IMG_20230513_205508.jpg
因果応報、郷に入らば郷に従え、言葉は通じなくても人は分かり合える、といった道徳的な要素を非道徳的な映画に盛り込んでいるというところで、凄い映画。
殺される取材クルーは、ほんと、川口浩探検隊のようなヤラセっぽい半そで軽装です(まあ、主人公の教授もそれに近いですが)。
40年前はおそらくボカシなりカットされていた、主人公の教授のチ〇コやら、取材クルーの女性の全裸性交シーンやらがキワモノ映画としては見ものかもしれません。
なお、オープニング等の、内容と相反する、ほのぼのとした音楽もポイントです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村