fc2ブログ

国内外の旅行、鉄道、城、遊廓、廃墟、戦跡、ダイビング関係、他の情報ブログです。嫌がらせ禁止w なお、記事の転載等は厳禁、でないので引用明示の上、自由にどうぞ。また、限定記事を読みたい方は倶楽部HP内を探してください。We offer diving information and travel information in Japan. Moreover, we do individual help for foreigners free of charge.

プロフィール

世界潜水旅行倶楽部

Author:世界潜水旅行倶楽部
世界潜水旅行倶楽部が、日本や世界の旅行先を紹介します。なお、画像は原則としてサムネイル設定でクリックすると大きくなります。
※おことわり
・本ブログの記事や画像の転載、二次使用、流用などは営利利用以外は基本的には自由にどうぞ(引用元がココと明示願います。また、連絡を事後にでもしてくれるとうれしいです)。
・本ブログに対するいちゃもん・いやがらせ・削除要請の類は社名も含め、全情報を公表しますのでご承知おきください。
・本ブログの内容は、個人的意見等であり(当然ながらステマの類は皆無、FC2の仕様以外のアフィリエイトリンクなし、)本倶楽部以外の所属・関係機関等の公的見解ではありません。また、内容の正確性については細心の注意をしていますが、完全な正確性を保証するものではありません(なお、無断転用対策として意図的に誤字を放置している場合あり)。
・【警告】検索エンジンでの検索結果反映を妨害する行為は偽計業務妨害罪に該当するものですのでおやめください(当該行為に及んでいる業者さんのIP等は把握しています)。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

0 コメント

旧赤線・遊郭発見のコツと酌婦稼動契約無効事件の詳細(新潟、高田赤線・遊郭跡巡り旅おまけ)

新潟、高田赤線・遊廓跡巡り旅おまけとして、旧赤線・遊郭発見のコツ、そして、管理人の赤線・遊郭跡巡りの動機付けの一つ、酌婦稼動契約無効事件(一般には前借金契約無効事件)の詳細を紹介しよう。

旧赤線・遊郭発見のコツ、というとモノの本に頼る、諸先達のサイトの情報を頼る、地図でアタリをつけるというのがあるところ、地図に関連して、あるポイントとなる建物がある。
それは、「救世軍」と「女性センター」だ。
今回の、新潟、高田赤線・遊郭跡巡り旅に関しても、「救世軍新潟小隊」が本町十四番町遊郭の近くにあった。
150122hokkaido 118
で、なぜ、「救世軍」と「女性センター」が赤線・遊郭跡の近くにあるか?
それは、これらの組織なり施設の経緯を考えれば当然だ。
「救世軍」というと、今の日本だと社会鍋(あるいは軍隊のコスプレもどき宗教であること)くらいしか思い浮かばないだろうが、もともとのメインの活動は廃娼運動。赤線・遊郭で「エロ親父は女を買ってないで家にさっさと帰りましょう」と説教して、遊郭の関係者にボコボコにされたりしていた団体だ。
活動拠点である赤線・遊郭の近くに事務所を構えるのは当然の流れ。
「女性センター」というのも、今はDVだのといったのの対応がメインだが、売春防止法成立段階では、赤線・遊郭で働いていた女性の足抜けのケアがメインの仕事で、これまた赤線・遊郭の近くに事務所を構えるのは当然。
時代の流れで、場所を移転しているケースはあるが、そうでないならば、近くに赤線・遊郭があったという推定が働く。

で、女郎として売り飛ばされた未成年者を巡る酌婦稼動契約無効事件(一般には前借金契約無効事件)。
大学の一般教養「法学」で、民事系の教員が担当する場合、よく引用される話だ。
法律的な話としては、酌婦(女郎)稼動契約を前提にした前借金契約(消費貸借契約)は公序良俗に反し無効で、前借金は貸したほうが悪い不法原因給付なので返す必要がない、という最高裁判所の判決、というのがまとめだ。
が、なかなか、その事実関係の内容は、当時の当所(愛媛県の宇和島)のシステムがはっきり分かるという点で第一級の資料といえるかもしれないので、詳細を紹介しよう。

登場人物は、
酌婦本人、橋元保久(父親)、橋元トラ子(母親)、藤田秋義(連帯保証人)
岡崎庄一郎(料理屋実質経営者)、岡崎庄一郎妻(料理屋の名目上の経営者)、柴田森太郎(酌婦斡旋ブローカー)
だ(敬称略)。

まず、愛媛県では、遊郭・赤線は「料理屋」としての営業であったことから、あくまでも「料理屋」の「酌婦」としてしか、売春婦は存在しなかった。

で、酌婦本人、橋元保久(酌婦父親)、橋元トラ子(酌婦母親)、藤田秋義(連帯保証人)と柴田森太郎(酌婦斡旋ブローカー(女衒))が、一緒に、岡崎庄一郎(料理屋実質経営者)、岡崎庄一郎妻(料理屋の名目上の経営者)のところに、面接に行ったのが、昭和25年12月23日で、このとき酌婦本人は16歳未満。

岡崎夫婦の面接に合格して、即採用、採用にあたり、岡崎夫婦から4万円が、柴田森太郎(酌婦斡旋ブローカー)に渡り、柴田が1万円、酌婦の着物代ということで差っぴいて、3万円を橋元保久(酌婦父親)に渡した。
酌婦稼動は、いわゆる折半営業(酌婦が5割、料理屋が5割)だが、当然、いろいろさっぴかれて、ほとんど酌婦には入らない。

当たり前だが、酌婦本人は酌婦稼動がいやになり、トンズラ。

岡崎庄一郎(料理屋実質経営者)たちは、トンズラが酌婦稼動契約違反で、カネを返せということで、橋元保久(酌婦父親)と藤田秋義(連帯保証人)に金払えと訴訟を起こした。

以上が、詳細な事実だ。

昭和30年10月の最高裁判決で、橋元保久(酌婦父親)と藤田秋義(連帯保証人)が勝ったというのは周知のとおりだが、面白いのが、1審の松山地裁宇和島支部判決でも、橋元保久(酌婦父親)と藤田秋義(連帯保証人)が勝っているところ、2審の高松高裁では、橋元保久(酌婦父親)と藤田秋義(連帯保証人)が負け、最高裁では再逆転という流れだったということ。

この点、高松高裁が間抜けだったかというと実はそうでもなく、大審院時代の判例によると、酌婦稼動契約(人身売買・売春婦稼動契約)と借金の契約(消費貸借契約)は別物で、酌婦稼動契約が無効でも、借金の契約は有効とするのが基本のトレンドで、これに沿った判決を出したまでだった。

結論として、最高裁がいきなり判例変更を行ったのだが、これは、ちょうど、売春防止法制定直前のタイミング。
外形的に見ると、この判決(あるいは1審の松山地裁宇和島支部判決)が、新規立法につながったという感じで、赤線の灯を消した判決ともいえるかもしれない。

ちなみに、この、最高裁判決については、映画「赤線地帯」でもちらっと登場する。

なお、最高裁判決に関する法律ネタや訴訟における橋元保久(酌婦父親)と藤田秋義(連帯保証人)の代理人弁護士の頑張りぶりについては、別の機会に紹介したい(リクエストあればコメントをどうぞ、です)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新記事

240224、宮古島、中の島ビーチでシュノーケル男(千葉県船橋市、47歳)、岩に頭挟まり溺死。
天王寺から関西空港へ、特急はるか・ハローキティはるか(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編04)
復路、ANAで宮古発関空経由羽田へ、宮古土人にやられる@宮古空港(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編03)
宮古協栄バスで名底・東ツンマー等へ(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編02)
往路スカイマーク羽田から下地島へ、B737-800(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編01)
往路SKY・復路は関空経由ANA、ダイビングは魔王の宮殿等(2024初潜り宮古土人にやられたツアー00)
新潟花街・古町通5番町(昭和新道ソープ街)@新潟市、新潟(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編07完)
酒田市遊廓の周辺3・酒田駅裏の飲み屋長屋@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編06)
酒田市遊廓の周辺2・寺町@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編05)
酒田市遊廓の周辺1・台町@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編04)
テアトル弘前@弘前市、青森(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編03)
浦佐スキー場跡@浦佐、南魚沼市、新潟(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編02)
さくら野百貨店仙台店跡・仙台ホテル跡EDEN@仙台駅前(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編01)
各種古本あげます、言い値で売ります。
新世界とひよこ、ポパイ、ちぼり@富山市、富山(2024北陸遊廓・赤線散歩06)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村