新潟旧花街・青線、沼垂エリア周辺の朝@沼垂、新潟その2(東日本遊廓・赤線・廃墟18きっぷ等旅Jan.2020・09)

0 0
新潟市の一部となり、またこれまで、川筋が変わり、港が変わり、駅が変わり、道路が変わり、ということで、往時の街としての地位は大きく低下しましたが、その名残は、沼垂周辺のここかしこにあり、朝のサンポとしてはなかなか楽しいです。
このあたり、新潟中心部から遠いとは言え、ギリで徒歩圏ですので、今後どうなるか、というところは気になるところです。

ここでは、沼垂花街・青線時代の名残を紹介しましょう。

IMG_20200121_064614.jpg
京都では、古い町家をゲストハウスに、という動きがあるようで、このあたりもその手のが出現しているようです。

IMG_20200121_065845.jpg
沼垂中心地の立派な商店。

IMG_20200121_070310.jpg
銭湯千代の湯。

IMG_20200121_070247.jpg
惜しくも休業。

IMG_20200121_070339.jpg
趣ある建物。

IMG_20200121_070357.jpg
これまたすごい、建物。

IMG_20200121_070911.jpg
割烹屋。現状では需要のないエリアです。

IMG_20200121_070735.jpg
沼垂界隈の有名物件。

IMG_20200121_071100.jpg
朝の「阿波」。

IMG_20200121_071554.jpg
旧道をバイパスがぶったぎる格好になっており、バイパス沿いにも趣深い建物が。

IMG_20200121_071018.jpg
この碑はなかなか、勉強になりました。
沼垂の無念さが感じ取れるところです。
関連記事
ページトップ
出会い 映画 旅行 ダイビング 遊郭 赤線