fc2ブログ

国内外の旅行、鉄道、城、遊廓、廃墟、戦跡、ダイビング関係、他の情報ブログです。嫌がらせ禁止w なお、記事の転載等は厳禁、でないので引用明示の上、自由にどうぞ。また、限定記事を読みたい方は倶楽部HP内を探してください。We offer diving information and travel information in Japan. Moreover, we do individual help for foreigners free of charge.

プロフィール

世界潜水旅行倶楽部

Author:世界潜水旅行倶楽部
世界潜水旅行倶楽部が、日本や世界の旅行先を紹介します。なお、画像は原則としてサムネイル設定でクリックすると大きくなります。
※おことわり
・本ブログの記事や画像の転載、二次使用、流用などは営利利用以外は基本的には自由にどうぞ(引用元がココと明示願います。また、連絡を事後にでもしてくれるとうれしいです)。
・本ブログに対するいちゃもん・いやがらせ・削除要請の類は社名も含め、全情報を公表しますのでご承知おきください。
・本ブログの内容は、個人的意見等であり(当然ながらステマの類は皆無、FC2の仕様以外のアフィリエイトリンクなし、)本倶楽部以外の所属・関係機関等の公的見解ではありません。また、内容の正確性については細心の注意をしていますが、完全な正確性を保証するものではありません(なお、無断転用対策として意図的に誤字を放置している場合あり)。
・【警告】検索エンジンでの検索結果反映を妨害する行為は偽計業務妨害罪に該当するものですのでおやめください(当該行為に及んでいる業者さんのIP等は把握しています)。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

7 コメント

じゃらんを使ったホテル・旅館のステマの最新のステマ手口。有料でもやらないといけない追い込まれたホテルもw

このサイト(というか広く知られつつありますが)で指摘しているように、トリップアドバイザーは宿泊実績の確認がない一方、じゃらんは予約・宿泊が前提となるので問題なしなので、評価が比較的信用できるといったことを紹介しているのですが、悪質なコンサル・IT業者やホテル・旅館は、多少の出費覚悟で、じゃらんなどの宿泊予約サイトでも、ステマを展開し始めているようですので注意が必要です。

この手のステマ(が多い宿)を見破るのは基本的には簡単で、
1 単発の最高評価口コミ(これはトリップアドバイザーでも同じですが)
2 妙に安価な特別宿泊プランでの宿泊に基づく口コミがやたらと多い
ということです。

「2 妙に安価な特別宿泊プランでの宿泊に基づく口コミがやたらと多い」がポイントです。
これが正規料金なり一般的に宿泊プランに基づく口コミなら、まだ多少は信用する余地があるのですが。。。

具体的な手口はこうです。
1 ステマ投稿用に意図的に通常の8割引き位の宿泊プランを設定しじゃらんサイトにアップ
2 当該ホテル関係者ないしステマ業者がじゃらんのシステムで予約
3 当然、ホテル関係者ないしステマ業者は実際には泊まらず
4 ホテル関係者ないしステマ業者が最高評価の口コミ(1,2行程度のコメント)を投稿
5 宿泊代金の10%をホテルはじゃらんに支払い
6 じゃらんの付与ポイントをホテルに還元

宿泊料金が8000円のプランとして、1件あたり800円がじゃらん(リクルート)に行きます。で、ステマ業者が1件200円で、1件1000円パックの出来上がりです。
30件で3万円で、ボロホテル・旅館が最高評価ホテルに変身ですw

じゃらんのみならず、ホテル・旅館の口コミサイトの活用方法は、

1 総合評価の類は一切信用しない
2 投稿数が多い投稿者の詳細な記述ないし画像のある口コミのみを信用する

に尽きます。

いずれにせよ、悪徳ホテル・旅館やステマ業者、
IMG_20180326_073916.jpg
です。

(追記)
「2 投稿数が多い投稿者の詳細な記述ないし画像のある口コミのみを信用する」
ですが、多投稿数だけではなく、+詳細レビューor画像としているのがポイントです。
特にトリップアドバイザーについては、投稿することによって得られる航空会社のマイル稼ぎのため、架空投稿や他の投稿やサイトのマネをして、投稿数を稼いでいるケースが結構ありますので、注意が必要です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

2018/10/05 19:40  編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
世界潜水旅行倶楽部 2018/10/05 23:46  編集 URL

Re: 以前書かれていた重要な一文が削除されていますが、圧力があったのでしょうか

日頃より当ブログを参照ありがとうございます。
ステマに関するお問い合わせについてお答えします。


少し前まで記載があった以下の一文が無くなっておりました。
>
> 「旅館に泊まるなら普通は「一泊二食」です。ビジネスでもせっかく旅館に来たのだからと朝食付きプランが多いはずです。これで異常値が出るなら明らかにステルス・マーケティングをしている可能性が高いと思います。」
>

申し訳ありませんが、当ブログおいてそのような記述があったとの記憶はありません。


>  また貴ブログに何かしら圧力をかけたのではないかという質問に、リクルート側は「弊社からなんらか圧力をかけたという事実はございません」との返答でした。
>
>  本当になんの圧力も貴ブログになかったのでしょうか。

当ブログにおける指摘が図星のホテルから圧力は過去にそれなりにありましたが、「当該行為は全公表」である旨の告知ををしたところ、直接的な圧力はありません。迷惑メールの類等はありますが、少なくともリクルート社からはありません。


>
>  また、これだけ怪しい素泊まり投稿の連続をリクルートは白判定としたことをいかがお思いでしょうか。できましたら貴ブログでこの事例を紹介して頂けたら幸いでございます。
>

詳細を継続的にワッチしていないので断定的なことは言えません。このあたり、当該投稿者の他の投稿内容、他の口コミサイトとの比較等での判断が必要と考えます。なお、リクルートのようなサイトでは、顧客はホテル・旅館であり、顧客の利益の最大化を図るというのは、企業として取る一つの方向性として、合理性があり、そこを読みとくのが賢い利用者と思われ、そのヒントを当ブログで公表しています。もっとも、リクルートは現在は上場企業であり、不正な情報を流布ないしその存在を放置することは、CSRの観点から重大な問題であり、責任を負わない旨を表示したからと言って、社会的責任は免除されないとの認識です。場合によっては、事実に反し「優等性」を表示すること自体、違法性を帯びる事態もあり得るものと思われます。
ちなみに、トリップアドバイザーに関しては、システムを通じたステマ業者による妨害行為(システムを通じて、低評価コメントが不正だという通報を行う)は散発しています。
世界潜水旅行倶楽部 2018/10/06 08:29  編集 URL

補足Re: 以前書かれていた重要な一文が削除されていますが、圧力があったのでしょうか

> 日頃より当ブログを参照ありがとうございます。
> ステマに関するお問い合わせについてお答えします。
>
>
> 少し前まで記載があった以下の一文が無くなっておりました。
> >
> > 「旅館に泊まるなら普通は「一泊二食」です。ビジネスでもせっかく旅館に来たのだからと朝食付きプランが多いはずです。これで異常値が出るなら明らかにステルス・マーケティングをしている可能性が高いと思います。」
> >
>
> 申し訳ありませんが、当ブログおいてそのような記述があったとの記憶はありません。
>

に関し、

> > 「旅館に泊まるなら普通は「一泊二食」です。ビジネスでもせっかく旅館に来たのだからと朝食付きプランが多いはずです。

については、現状では、地域・施設によって状況が異なるものと思います。
施設に関しては、プロの料理人を置くのをやめてしまった旅館・ホテルでは、素泊まりが基本となります(バイト・パートが作るものを食事として出すところもありますが)。
ちなみに、お問い合わせの旅館ですが、これまで、境港の経営コンサルが噛んでいたようです。
匿名希望 2018/10/06 13:52  編集 URL

貴ブログに大いにヒントを頂きました

早速に返答をいただき、ありがとうございました。
非常に丁寧で迅速なご対応に、感激しております。
また日頃のステマ撲滅運動に心より敬意を表します。

一文の削除については、私の勘違いであったようです。
大変申し訳ございませんでした。
じゃらんの担当窓口の方にも、私の勘違いであったと謝罪申し上げました。

最初の投稿は特定できる内容が含まれるために内容を伏せましたが、この度は公開投稿といたします。

とある旅館のクチコミが高評価の素泊まり投稿で埋め尽くされているのを不思議に思っていたところ、
「旅館 ステマ」で検索したら、一番上位に貴ブログが出てまいりました。
内容を拝見して、旅館であるのに素泊まり(妙に安価な特別プラン)の投稿比率が高い場合はステマの可能性があるというヒントを頂きました。

そこで、ステマをしている蓋然性が高い旅館を判断する一つの方法として、
1)近隣の旅館に比べて素泊まりなどの割合が高く
2)なおかつその素泊まり投稿が同一投稿者の繰り返し連続投稿で
3)さらにその投稿が最高評価ばかりかどうか
4)内容が宿泊者の投稿にふさわしいかどうか(1,2行程度のコメントではないか)
を調べることが私にでも出来る方法ではないかと思いました。

ご指摘の通り、一泊二食や素泊まりが「地域・施設によって状況が異なる」というのはもっともでございます。
現実に、人件費を削減するために素泊まりに転換した旅館も多くあると思います。
私がステマ疑惑を抱く当該旅館は、近隣の旅館と同じようにプロが料理を出しております。
料理評価が高いにもかからず、特定の投稿者が繰り返し繰り返し素泊まりで宿泊し毎回最高評価の投稿を行なっております。

そこで、ステマの疑惑のある旅館の
1)じゃらんネットで一般公開されている全投稿のうち、素泊まりが何割あるかを調べ
2)そのうち同一投稿者の繰り返し投稿を抽出し、
3)そのうち最高評価「5」の投稿は何割あるか
4)相対比較するために近隣の同じような旅館の洋室比率を算出し該当旅館と比べ
5)同じように近隣旅館の全投稿中の素泊まり比率、同一投稿者投稿比率を算出し比較
したところ、近隣の同じ市場環境にある同条件の旅館に比べて、素泊まり比率が5倍を超えていました。
特筆すべきは、近隣の広さも景色も良く10倍以上の洋室を持つホテルよりも、1/10以下の洋室数しかない当該旅館の素泊まり投稿が、2倍以上もあったことです。
素泊まり投稿が多いことをもって即ステマには繋がらないことは重々承知です。
ステマ疑惑をさらにかきたてたのは、素泊まり投稿のうち、同じ人の繰り返し投稿が70%以上もあったこと。
そして、その全てがオール「5」の最高評価だったからです。

数字はウソをつきません。
異常値がでたことで、ステマの蓋然性が高いと私は判断しました。

調査依頼の結果、白判定だったですが、個人的な意見としては、じゃらんが調査できる網をかいくぐってのステマだったのではないかと思います。
gmailがあれば会員になれ、どこにでもあるWiFiスポットで予約・投稿すれば、調査の目が行き届かないのだという印象を受けました。

がしかし、今回のかなり強硬に調査依頼をしましたので、
悪意のある人間は網の目を潜ってステマ投稿ができるのだと、じゃらんに認識していただけたのではないかと思います。
今回を機に調査能力が格段に上がり、ステマのできないシステムにアップグレードしてくれることを願います。

また、旅館の民間団体にもステマの存在、ステマの方法をアピールし、
ステマを放置しない公平公正な市場をじゃらんなどのネットエージェントに求めていけたら良いと考えております。

最後になりますが、この度は貴ブログの存在にどれだけ勇気をいただき、どれだけ励まされたかをお伝え申し、
心よりの感謝を申し上げたいと思います。

ステマ被害にあっている者にとって、貴サイトは駆け込み寺でございます。
ステマの方法を見つけ暴いているサイトは他になかなかありません。
蔓延する宿泊業界のステマを発見し、これからもどんどん情報発信してください。

心より応援申し上げます。

ありがとうございました。
世界潜水旅行倶楽部 2018/10/06 15:29  編集 URL

Re: 貴ブログに大いにヒントを頂きました

匿名希望 さま

素人の駄文に対して、励ましをいただきありがとうございます。
こちらのほうこそ、見落としていた視点を提供いただき、感謝申し上げます。
ちなみに、

>
> そこで、ステマの疑惑のある旅館の
> 1)じゃらんネットで一般公開されている全投稿のうち、素泊まりが何割あるかを調べ
> 2)そのうち同一投稿者の繰り返し投稿を抽出し、
> 3)そのうち最高評価「5」の投稿は何割あるか
> 4)相対比較するために近隣の同じような旅館の洋室比率を算出し該当旅館と比べ
> 5)同じように近隣旅館の全投稿中の素泊まり比率、同一投稿者投稿比率を算出し比較
> したところ、近隣の同じ市場環境にある同条件の旅館に比べて、素泊まり比率が5倍を超えていました。
> 特筆すべきは、近隣の広さも景色も良く10倍以上の洋室を持つホテルよりも、1/10以下の洋室数しかない当該旅館の素泊まり投稿が、2倍以上もあったことです。
> 素泊まり投稿が多いことをもって即ステマには繋がらないことは重々承知です。
> ステマ疑惑をさらにかきたてたのは、素泊まり投稿のうち、同じ人の繰り返し投稿が70%以上もあったこと。
> そして、その全てがオール「5」の最高評価だったからです。
>
> 数字はウソをつきません。
> 異常値がでたことで、ステマの蓋然性が高いと私は判断しました。

なのですが、予約ポータルサイトの口コミ・評価システムの弱点(評価にバイアスがかかってしまう)が、出てしまう点です。
それは、予約毎に口コミ・評価投稿が出来てしまうため、

> 2)そのうち同一投稿者の繰り返し投稿を抽出し、

という事態が発生してしまうところです。
トリップアドバイザーなどですと、一施設に対する同一投稿者の投稿は、一定の期間後でないとできないシステムですが、予約ポータルサイトの口コミ・評価システムについては、そういった制約が基本的にはないので、同一投稿者の繰り返し投稿が出来てしまいます。
更に悪知恵の働く旅館・ホテルやステマ業者は、3連泊の口コミ・評価は1件ですが、1泊予約を3回で3連泊として、3件の口コミ・評価をやって、高評価を稼ぐ、ということもサイトによっては可能だったりします。
また、ステマというわけではないのですが、都市部の大規模ビジネスホテルで、評価の甘い多頻度宿泊・口コミ評価者がいると、何の変哲のないビジホが、その地における高評価人気ホテルになってしまうのも、予約ポータルサイトの口コミ・評価システムを純定量的に用いる場合の弱点です。

この辺りは、システム的に補正係数で集計を調整することは可能ですが、悪いところは、当然ながら別名義で予約をやりますので、いたちごっこの展開となります。
匿名希望 2018/10/06 18:44  編集 URL

(再)貴ブログに大いにヒントを頂きました

世界潜水旅行倶楽部様

早速のご返信、そしてさらなるヒントを頂きまして、感激に堪えません。
心よりお礼申し上げます。

「予約毎に口コミ・評価投稿が出来てしまう」ために、同一人物の繰り返し投稿が可能になっているシステムは、私にとって当たり前の状態だと思っていたのですが、トリップアドバイザーでは制約を設けて一定期間できないようになっているのですね。

問題の旅館も、同じ人物が出張名目で何度も何度も繰り返し投稿を行なっています。その率たるや(繰り返しになりますが)、素泊まり全投稿のうち70%以上に上ります。

このような多重投稿ができるシステムが、悪意のある旅館ホテルのステマを誘っているのだというヒントを頂きました。

また「1泊予約を3回で3連泊として、3件の口コミ・評価をやって、高評価を稼ぐ」という手法も、問題の旅館は非常に多くあるように見受けられます。

当該旅館は違う人物(会員)が一緒に出張したなどと、本来はどうでもいい言い訳がましい文章が多く散見されます。

あくまでも個人的な感想ですが、「●人組●部屋でお世話になりました」だの、「同僚とお世話になりました」だの、複数名義で泊まったので別名義の投稿もあるぞ、という伏線を張っているように見受けられます。

ご指摘されました「悪いところは、当然ながら別名義で予約をやりますので」を、まさにその通りやっているのかもしれません。

誰でもメアドさえあればじゃらん会員になれるというシステムを利用し、ステマ投稿するための別名義IDをどんどん増やして、多重投稿を重ねているように感じます。

1)WEBメールなどの容易に取得可能なメアドがあれば会員になれる
2)会員になりさえすればクチコミ投稿ができる
3)同じ投稿者が多重投稿できる

というステマの温床になるシステムを改善してもらわねば、旅館ホテルのステマがなくならないように思います。


今回提議いただきました「多重投稿」については、ご指摘のトリップアドバイザーさんのように、一定期間投稿できなくさせるなどして歯止めを効かせなければならないように思います。

そして、
4)予約や投稿したIPアドレスだけでなく、ブラウザやデバイスまで特定
できなければ、野放しのステマし放題の市場環境です。
投稿者の調査可能なシステム環境無くして、公平公正な宿泊市場を提供しているとは言い難いはずです。

そして、多重投稿については、その投稿者本人にすぐさま電話を掛け、実在の人物かどうかを確かめるべきではないかと思います。

楽天市場では「1」の投稿を行なった会員にはすぐさま電話を掛け、なぜ「1」なのか理由を楽天が調査する、という話を聞いたことがあります。

同一人物多重投稿の場合は、じゃらんが会員の実在を電話で確かめなければ投稿できないというシステムにしてもらえば、架空人物による多重投稿は撲滅できると思います(同じ電話番号を複数のIDで使いまわしていたら、この時点でステマということになります)。

この度は、非常に素晴らしい知見を多くご提供いただき、誠にありがとうございました。

正直に商売をしている者が泣きを見て、悪知恵の働く者が一人勝ちしている、という現在の状態を早く是正してもらうため、今後も貴ブログを参考にさせて頂きます。

そして、全国規模の旅館連合組織に問題提起し、ステマ撲滅を目指していきたいと思います。

この度は突然の投稿に、丁寧に真摯にお答えいただきまして誠にありがとうございました。ステマ疑惑を一人で抱え込み、どう対処したらいいか悩んでいたところ、貴ブログに励まされ、一歩を踏み出すことができました。本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

P.S.
問題の施設は境港の経営コンサルが噛んでいたとの情報、誠にありがとうございました。さすが、多くのステマの情報が集まる貴ブログだと感銘を受けました。今後もステマ撲滅のリーダーとして、業界の是正に一役買っていただければ幸いでございます。ありがとうございました。
世界潜水旅行倶楽部 2018/10/06 20:50  編集 URL

Re: (再)貴ブログに大いにヒントを頂きました

匿名希望 さま

重ねての投稿ありがとうございます。

>「予約毎に口コミ・評価投稿が出来てしまう」ために、同一人物の繰り返し投稿が可能になっているシステムは、私にとって当たり前の状態だと思っていたのですが、トリップアドバイザーでは制約を設けて一定期間できないようになっているのですね。

ですが、トリップアドバイザーの最大のネックは、宿泊実績(予約)の有無を問わず、投稿できてしまうため、投稿期間制限を設けても、別会員登録して投稿できてしまうという難点があります(これゆえ、単発投稿は基本的には信頼性はゼロに近いですが、施設ランク集計に、会員の信頼性に応じ、一工夫している「らしい」です)。

>正直に商売をしている者が泣きを見て、悪知恵の働く者が一人勝ちしている、という現在の状態を早く是正してもらうため

これは絶対に必要なことです。グレシャムの法則が成り立ってはいけません。

本当は、旅館業法で宿泊者名簿があるので、それと口コミサイトの投稿名義を突合するという作業を公平・中立な第三者機関がやれば透明なシステムになるのですが、個人情報保護・管理の点等で、現状では現実的ではありませんね。

いずれにせよ、今後のご健闘をお祈りします。
非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新記事

一月の声に歓びを刻め@テアトル新宿(凡作+)/2024年6本目(2024天皇誕生日記念集中映画鑑賞02)
ビヨンド・ユートピア 脱北@シネ・リーブル池袋(良作+)/2024年5本目(2024天皇誕生日記念集中映画鑑賞01)
240224、宮古島、中の島ビーチでシュノーケル男(千葉県船橋市、47歳)、岩に頭挟まり溺死。
天王寺から関西空港へ、特急はるか・ハローキティはるか(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編04)
復路、ANAで宮古発関空経由羽田へ、宮古土人にやられる@宮古空港(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編03)
宮古協栄バスで名底・東ツンマー等へ(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編02)
往路スカイマーク羽田から下地島へ、B737-800(2024初潜り宮古土人にやられたツアー乗物編01)
往路SKY・復路は関空経由ANA、ダイビングは魔王の宮殿等(2024初潜り宮古土人にやられたツアー00)
新潟花街・古町通5番町(昭和新道ソープ街)@新潟市、新潟(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編07完)
酒田市遊廓の周辺3・酒田駅裏の飲み屋長屋@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編06)
酒田市遊廓の周辺2・寺町@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編05)
酒田市遊廓の周辺1・台町@酒田市、山形(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編04)
テアトル弘前@弘前市、青森(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編03)
浦佐スキー場跡@浦佐、南魚沼市、新潟(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編02)
さくら野百貨店仙台店跡・仙台ホテル跡EDEN@仙台駅前(2023冬の東北グルメ旅、遊郭廃墟珍風景編01)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村