柏崎新花町遊郭@新潟(18年1月ついでの遊廓・赤線巡り03)

0 0
東京からですとアプローチしにくいのですが、新潟ベースですと、意外と行きやすいのが、柏崎。
新潟、新津と長岡のポジションをマスターするとそこから、どっちの方向に行くのかを押さえるとわかりやすいところなのですが、柏崎はなかなか曲者で、一見、新潟発ですと長岡経由は無駄な感じがするものの、時間・列車本数とも圧倒的に有利です(細かい話をすると、柏崎新花町遊郭の最寄り駅は、柏崎ではないという話もあるのですが、それは置いときましょう)。

前フリが長くなりましたが、早速、柏崎新花町遊郭@新潟をフィールドワークしてみましょう。
柏崎駅から徒歩でドライな道で20分、雪道で時々ツボ足パターンですと30分ほど見といた方がいいでしょう。
IMG_20180128_093106.jpg
現代の全図。

IMG_20180128_093308.jpg
IMG_20180128_093437.jpg
幅広な道が、特徴的。
ちなみに、妙に寿司屋が多いです。

IMG_20180128_093347.jpg
割烹旅館みやこ。

IMG_20180128_093408.jpg
割烹旅館みやこ2。

IMG_20180128_093904.jpg
スナック。生死は不明。
そして有名な、
IMG_20180128_093506.jpg
金刀比羅宮。

IMG_20180128_093533.jpg
岡本牛乳店と並んで、松美楼や都楼などの名が見えます。

ちなみに柏崎ですが、いうまでもなく東京電力の柏崎刈羽原子力発電所の城下町で、柏崎駅で電車待ちをしている際も、ソッチ系の方が複数人いました。
ということが理由か?
IMG_20180128_092058.jpg
IMG_20180128_092103.jpg
駅近にも飲み屋が結構あります。
関連記事
ページトップ
出会い 映画 旅行 ダイビング 遊郭 赤線