あいの風とやま鉄道18きっぷ特例と高山本線猪谷ダッシュ(18きっぷで行2018北陸・岐阜の赤線・遊郭旅00)

0 0
18きっぷで行2018北陸・岐阜の赤線・遊郭旅、ということで、金沢石坂、高岡、越中八尾、岐阜多治見といったところを回ってきました。帰りがけの駄賃で、熱海にも寄ってきましたが、こいつについては、首都圏分をまとめて別途取り上げることとします。
また、映画「君の名は。」で登場した飛騨古川駅なんぞにも立ち寄ってみました。

で、今回の行程なのですが、
1日目 金沢石坂→高岡→伏木→越中八尾→(飛騨古川)→名古屋
2日目 名古屋→多治見→熱海
という動きをしたのですが、1日目については、旧北陸本線の3セクが絡むところをうまく節約する必要があります(キセルモドキはいけません)。
で、考えたのが、金沢から高岡まではバス(実は鉄道より安く、なおかつ高岡遊郭跡の近くで降りることができます)。
高岡遊郭最寄りの越中中川から伏木までは当然、JR。
伏木から氷見線、あいの風とやま鉄道、高岡本線と、合法的にあいの風とやま鉄道の料金を払わずに、越中八尾に行くという作戦です。
ちなみに、このルート、あいの風とやま鉄道の18きっぷ特例ということで、高岡でも富山でも堂々と下車できます(どこから乗ったとかうっとおしいことを聞かれますが、涼しい顔して、マニアックに「伏木」だとか「越中中川」というだけです(まあ、入鋏印をみろよという話はありますが)。

そして、この行程のもう一つの問題は、本数の少ない高山本線乗りつぶしの最大のヤマ、猪谷駅での猪谷ダッシュ。
岐阜方も富山方も基本は先頭(というかワンマンの場合、先頭しかドアが開かない)に乗るのですが、やはり3セクが災いしているようで、通常は空いている状況でダッシュ不要のようです(昔と違い、単行というのはないようです)。
新たなライバルとして、外国人が結構いますが、この人たちは、ワンマン乗降のルールを知らないうえ、大荷物で動きが鈍くダッシュ対応不可だったりしますので、基本的には敵になりません(もっともアジア系の連中は家族で連携プレーを試みますので油断大敵です)。

IMG_20180106_103831.jpg
画像は氷見線。通学路線として意外と混んでます。

それはともかく、東京から金沢までは18きっぷでどうやって? 
ムーンライトながらで米原経由で、といいたいところですが、、、すいません、大ワープしてます。


関連記事
ページトップ
出会い 映画 旅行 ダイビング 遊郭 赤線