新潟発会津若松行、快速あがの(北陸・東北の遊廓・赤線跡と被災地の旅2017冬~鉄道編04)

0 0
JRの新潟支社、ここがなかなか18きっぱー的には神的なエリアで、特急・急行廃止後の代替快速が結構生き残っているは、特殊車両の快速も結構走っているは、でさすが鉄道の街、新津があるだけのことはあります。
で、今回は、新潟発会津若松行、快速あがのを利用です。
IMG_20171224_080215.jpg
磐越西線直通ですが、新潟駅のへんなところから発車で、改札から結構歩きます。

IMG_20171224_080554.jpg
最新鋭のタイプと、
IMG_20171224_080109.jpg
レトロタイプの混成3両編成。

IMG_20171224_080732.jpg
レトロタイプの2・1列のクロスシート。昭和30年代の日本人の体格べーつの設計でピッチが非常に狭いです。
運動が嫌いなデブなテッチャンには厳しい座席です。

で、この列車、近郊輸送と長距離輸送の両にらみで、新潟周辺・若松周辺では結構混雑します。
乗りとおす場合、余裕をもって20分くらい前にはスタンバったほうが良いものと思われます。
関連記事
ページトップ
出会い 映画 旅行 ダイビング 遊郭 赤線