fc2ブログ

国内外の旅行、鉄道、城、遊廓、廃墟、戦跡、ダイビング関係、他の情報ブログです。嫌がらせ禁止w なお、記事の転載等は厳禁、でないので引用明示の上、自由にどうぞ。また、限定記事を読みたい方は倶楽部HP内を探してください。We offer diving information and travel information in Japan. Moreover, we do individual help for foreigners free of charge.

プロフィール

世界潜水旅行倶楽部

Author:世界潜水旅行倶楽部
世界潜水旅行倶楽部が、日本や世界の旅行先を紹介します。なお、画像は原則としてサムネイル設定でクリックすると大きくなります。
※おことわり
・本ブログの記事や画像の転載、二次使用、流用などは営利利用以外は基本的には自由にどうぞ(引用元がココと明示願います。また、連絡を事後にでもしてくれるとうれしいです)。
・本ブログに対するいちゃもん・いやがらせ・削除要請の類は社名も含め、全情報を公表しますのでご承知おきください。
・本ブログの内容は、個人的意見等であり(当然ながらステマの類は皆無、FC2の仕様以外のアフィリエイトリンクなし、)本倶楽部以外の所属・関係機関等の公的見解ではありません。また、内容の正確性については細心の注意をしていますが、完全な正確性を保証するものではありません(なお、無断転用対策として意図的に誤字を放置している場合あり)。
・【警告】検索エンジンでの検索結果反映を妨害する行為は偽計業務妨害罪に該当するものですのでおやめください(当該行為に及んでいる業者さんのIP等は把握しています)。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

0 コメント

知床遊覧船、KAZU1事故。船頭が宿屋はアリ、宿屋が船頭はムリ。アホなコンサルはこれが分からない。

船頭が宿屋はアリ、宿屋が船頭はムリ。アホなコンサルはこれが分からない。知床遊覧船、KAZU1(カズワン)がカシュニの滝沖、水深120メートルのところに沈んでいるのが発見され、今後引き上げということになるのでしょうが、専門業者の手でサルベージということになるのですが、一般的な装備の潜水士が入れない深さですので、手間ヒマカネがかかりそうです。60メートルが人間の潜水作業の限界といったことがネットニュースで...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

ストリップ・ピエロ座跡等、越後湯沢花街@越後湯沢、新潟(2022春遊廓・赤線旅 本編11)

ストリップ・ピエロ座跡等、越後湯沢花街@越後湯沢、新潟(2022春遊廓・赤線旅 本編11)定点観測中の、ストリップ・ピエロ座跡等、越後湯沢花街@越後湯沢、新潟ということですが、あまり変化がありません。温泉旅館も、コロナで廃墟続出かと思いましたが、オモテだって潰れたのがスポーリア位。。。まあ、もろもろ延命機能が働いているという話もありますが、そこは置いときまぢょう。メインの通りを山側に上ります。ピエロ座跡は...
記事の続きを読む
0 コメント

弘前北横町遊廓と弘前東照宮(跡)(2022春遊廓・赤線旅 本編10)

弘前北横町遊廓と弘前東照宮(跡)(2022春遊廓・赤線旅 本編10)さてさて、久方ぶりの弘前リサーチの機会となったのですが、、、新型コロナの影響で、飲み屋さんが大変な状況らしいです。首都圏では、休業していた飲食店が突如復活、交付金泥棒が頻発してますが、弘前のような地方都市は誠実な人が多いので、ズルをせず、結果、不幸な展開に。。。それはさておき、弘前北横町遊廓と弘前東照宮(跡)です。破産が話題になった弘前東...
記事の続きを読む
0 コメント

鶴賀遊廓;東西鶴賀町の夜と秋葉神社の碑@長野(2022春遊廓・赤線旅 本編09)

鶴賀遊廓;東西鶴賀町の夜@長野(2022春遊廓・赤線旅 本編09)鶴賀遊廓のあった東鶴賀町、そして、街の中心部からアプローチする場合に通る西鶴賀町の夜を紹介しましょう。住宅街のラブホが実は現役なのにはビックリです。有名だったラスボス建物以外にもチラホラ、往時の建物が残っています。既得権ということか? ラブホがぽつぽつ。海なし長野なのにエーゲ海、というのは置いておきます。有名な三神社の碑。まあ、これは後付けの...
記事の続きを読む
0 コメント

知床遊覧船、KAZU1の船長、豊田徳幸氏、ブラック企業にステマを強制されていた?

知床遊覧船、KAZU1の船長、豊田徳幸氏、ブラック企業にステマを強制されていた?1海保ではお手上げということで、海上自衛隊が出動し、水深100メートルの海底で知床遊覧船、KAZU1の船体を発見ということで、深いながらも、軽量のFRP船ということで、引き上げが現実味を帯びてきました。亀裂部分からパックリ2分割していなければ良いですが。。。それはさておき、知床遊覧船、KAZU1の船長、豊田徳幸氏、ブラック企業ぶりに...
記事の続きを読む
0 コメント

知床遊覧船 KAZU1 条件付き運航はあり得ない、はあり得ない。

知床遊覧船 KAZU1 条件付き運航はあり得ない、はあり得ない。せきを切ったように、メディア、そして国土交通省までが桂田精一社長フルボッコ戦線に参加しているのですが、その中で、一つだけ、変な話があります。それは、「知床遊覧船 KAZU1 条件付き運航はあり得ない」ということです。海上風警報、強風注意報や高波注意報がでているから、直ちに運航中止となるかどうかは、地域の状況によって異なる要素があるところ、というこ...
記事の続きを読む
0 コメント

ダイビング指導団体PADIからの安全第一、のインストラクター向け通知。

ダイビング指導団体PADIからの安全第一、のインストラクター向け通知。知床の無理筋出航と近年の事故多発を受けて、当倶楽部が留意していることと全く、軌を一にしている通知がPADIからやってきました。頭の悪いインストラクター向けにまとめるとこんな感じです。・客の体調、自分の体調の異変に注意しろ。・年寄りよりオッサンオバサン客の体調要注意。・ダイビング初日1本目要注意。・水分補給と塩分補給忘れずに。・ヤバい...
記事の続きを読む
0 コメント

空運(飛行機)・海運(船)は安全に係る領域のコストカットは致命的結果発生、を知床遊覧船KAZU1が証明。

空運(飛行機)・海運(船)は安全に係る領域のコストカットは致命的結果発生、を知床遊覧船KAZU1が証明。ということで、陸運も同じだろ、という向きもあろうかと思いますが、決定的な違いがあります。空、海は基本的に人が生きられない領域ですので、事故は原因如何に関わらず、基本、人の死を意味します。陸運と違い、直ちに止まればなんとかなるわけでない、というのが決定的な違い。。。一方、陸は運がいいと大事故でも助かる...
記事の続きを読む
0 コメント

NCDCなんちゃってセレブダイビング倶楽部が石垣とグアムばかりに出かける理由;安全最優先の為。

NCDCなんちゃってセレブダイビング倶楽部が石垣とグアムばかりに出かける理由;安全最優先の為。知床遊覧船のKAZU1の沈没死亡事故は大変なことになってますが、これに関連して、NCDCなんちゃってセレブダイビング倶楽部が石垣とグアムばかりに出かける理由を紹介しましょう。それは安全最優先の為です。なぜ、宮古や久米ではなく石垣なのか?それは、石垣が日本最大の海上保安部のある港、そして沖縄の離島で最大規模の公立病院の...
記事の続きを読む
0 コメント

2022年3月に石垣島・大崎海岸、4月に宮古島・八重干瀬でシュノーケル死亡事故発生。

2022年3月に石垣島・大崎海岸、4月に宮古島・八重干瀬でシュノーケル死亡事故発生。まあ、3,4月は海況、天候とも安定しないので、マリン業者は無理しがち。このGW、お客さんも業者も気を付けよう。っていうか、ダイビング屋兼業でないシュノーケリング専業業者は、よほどお客さんに業者を見る目がないと危ないです、ほんと。(記事を読んだ悪質業者が発狂するカモしれませんが、1人1事故1億以上の賠償責任保険、ダイビングイ...
記事の続きを読む

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新記事

コザ吉原社交街の街並み@沖縄市、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC コザ吉原社交街編03)
コザ琉映跡@沖縄市、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC コザ吉原社交街編02)
コザ銀天街アーケード跡、今昔(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC コザ吉原社交街編01)
南風原陸軍病院壕・南風原文化センター@南風原町、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編06完)
海軍司令部壕(海軍壕公園)@豊見城、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編05)
豊見城城址公園(豊見城グスク、陸軍24師団第2野戦病院壕)@豊見城、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編04)
寿山(カテーラムイ)海軍壕跡@小禄、那覇、沖縄(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編03)
第32軍司令部壕@首里、那覇(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編02)
シュガーローフ(慶良間チージ)@おもろまち、那覇(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 戦跡編01)
ANAのB787(78P)で石垣から羽田へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編06)
ANAのB737-800プレミアムクラスで那覇から石垣へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編05)
The Green Line(TGL)バスとHello IEYASU(ハロー家康)バス(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編04)
沖縄路線バス周遊パスで、コザ・豊見城・南風原へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編03)
ゆいレールのヒドい混雑の原因(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編02)
ANA・B787(78M)で羽田から那覇へ(2024沖縄本島・石垣ダイビングツアーbyNCDC 交通編01)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村